まめなブログ

自然を紡ぐ~綿~ 夏の日

2016/08/20出雲ノおすすめ!

この花・・・何の花だと思いますか?

日の光を浴びて、白い大きな花びらが透き通り
夏の暑さを一瞬忘れさせてくれるような美しさ。

綿の花です。

花が終わると緑色のぷっくりとした実をつけます。

有機のものだけで肥やされた大地の栄養と、サンサンと降りそそぐ太陽のまぶしい光を
独り占めしたかのようにすくすくと成長します。
無農薬なので、遊びに来た虫たちが大きな葉っぱを我がもの顔で
ムシャムシャと食べるんですよ。

季節は移り、太陽の光が少しオレンジ色に変わる10月頃
パカっと中からふわふわの綿が顔を出します。

そんな優しい綿を育てている出雲北山のふもとに住む河瀬さん。

20年前までは、金融機関でバリバリのキャリアウーマン。
夫の転勤をきっかけに退職し、住み始めた場所で羊毛を使った工房に出会うのです。

それまで四角い紙や硬いコンピューターに囲まれていた河瀬さんは
やわらかい羊の毛にあたたかく包まれます。

好きな編み物の毛糸が人の手で一から紡いで作れることに感動!
すぐに自身も手紡ぎを始め、のめり込みました。

地元出雲に帰ってからは、羊毛のほかに、自身の畑で種から育てた綿も紡ぐように・・・

紡いだ綿を丁寧に手編みしたオーガニックコットンのはんかちです。

自然のやさしさがあふれていて、手に持つだけで癒され、
思わず頬ずりせずにはいられません。

次はふわふわの綿がお目見えする秋ごろに紹介しますね(^-^)

商品の詳細はこちら

Copyright©MEDISOL.All Rights Reserved.