まめなブログ

『出雲 冬の散歩道②』

2017/01/21出雲ノ自然

冬の木立は少し寂しくて寒々としたようにイメージするかもしれません。
けれど、春の準備に葉を落とした大木のアーチをくぐれば、明るく空も仰ぎ見ることができる優しい空間が続きます。
冬の木立の匂いをかぎながら、ふと見上げると・・・。

早咲きのピンク色の梅の花。
冬のモノトーンの景色の中に、鮮やかな花の色を見つけると「あ!」と嬉しくなります。
梅は100~300年もの年月を生きるのだそうです。

この大きな梅の木は、いつからこの景色をみているのだろう?
などと考えていると、自宅の裏山にも早咲きの梅の花がある事を思い出し、自然と家路の足が早まります。

咲いていました!
もう辺りは少し暗くなり始めていましたが、白く芳しい梅の花です。

~*~* 花言葉 * 白梅の花 ~*~*
      ・気品
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

冬の散歩も良いものですね。
身体が温まり、運動不足も解消され、
その上・・・野山からお土産までいただきました。

Copyright©MEDISOL.All Rights Reserved.